離婚に際してまず両親を説得しました

15,000人の離婚問題解決法

正直言って、いつから離婚を意識したか?というと、

もしかしたら、結婚当時からかも知れません

 

そういうとひどい女と思われるかもしれませんが、それ相応に理由はありますよね。

周りは理解できない理由でも、当の本人からしたら許せない様々な理由があるものです。

 

うちは、子供がすぐできたので、勿論すぐ離婚に踏み切れたわけではありません。

悩みに悩んで出た答えです。

子供も小学生だし急に、お父さんとお母さんは離れて暮らすことになったんだよ

と言ったところで理解できる訳もなく・・・悩みました。

 

離れて暮らす意味わかるかな?

子供が周りの友達に色々言われてしまうかな?

自分自身もやっていけるのかな?

離婚するに辺り、様々なことで悩み、不安になり迷ってやっぱり離婚はやめよう

でも、この生活に耐えられるかな・・・

本当に迷いました。

 

離婚を決意する直前には、うつ状態にまでなり

毎週くる旦那の休みには部屋にこもるようになりました。

精神的に耐えられなくなったのです。

 

家事は出来るけど旦那と顔を合わせるのがつらくなり

子供を連れて外に遊びに行ってもらうようにしてました。

旦那はいいとしても、子供に悪影響だなと思うようになり

段々離婚という文字が本格的に頭から離れなくなってしまい、

離婚した場合のことを考えるようになりました。

 

まず、旦那に言う前に自分の親になんて言うべきか?

私の親はうるさい人なので、しかも旦那と結婚するときにも猛反対されたので

尚更言える訳ないのです。

 

正直、離婚するに当たって一番の弊害は私の親なので、

まず親を説得するために色々離婚を納得させる材料が必要でした。

とはいえ、自分の親なのでなんて言ってくるかは想像の範囲内なので、

数日かけて話合いました。

 

案の定、猛攻撃をくらいましたがなんとか説得というか無理やり納得させました。

その次は旦那本人です。

旦那は私の最近の状態を見ていて、本物の鬱病になったと思っていたみたいで

まさかそこから離婚話になるとは思っていなかった様です。

 

ですから、まずは精神科に行って様子を見てから

離婚を考えても遅くないんじゃない?と言われました。

もっともです。

 

でも私自身、鬱の原因は明白だったので今の生活を変えなければ

子供も旦那もダメになると分かっていたのですぐ離婚に応じてもらいました。

 

一番の心配だった子供への説明ですが、まだ小学2年生だったからか、

割とすんなり?聞き入れてくれました。

なんとなく今の私たちの様子で分かっていたんでしょうか。

 

子供は小学生になっているので、苗字はそのままにしました。

そして、旦那にも別々で暮らすけど、出来るなら子供が小さいうちは休みの日とか

今と変わらず子供と頻繁に会ってほしいといいました。

 

子供が大人になり、その時に父親をどう感じるか。

必要だと感じれば会うだろうし、会わなくてもいいと思えば

自分で決めるだろうと思いそれまではしっかり親子関係を作ってほしいので。

 

離婚を言い出しといてわがままですが、子供を優先に考えてほしいので決めました。

旦那が理解あることが前提ですが、うちは離婚して良かったと思ってます。

離婚してからのほうが良い関係になりました。



20,000人の離婚問題解決法

離婚問題については様々な事情が存在していますが、

この問題のスペシャリストである澁川良幸氏による解決法により、

困難なこうした問題もスピード解決ができるようになります。

澁川氏は、離婚カウンセラーとして有名な方で、

多くのメディアにて取り上げられています。


15,000人の離婚問題解決法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL